アコムの在籍確認は電話連絡なしに出来る?

アコムでカードローンやキャッシングをしたいけど、会社へ在籍確認の電話をされるのが不安だという方は多いですよね。

電話以外の方法で在籍確認はできるのか?

在籍確認は会社にバレるのか?

在籍確認について徹底的にアコムに問い合わせてみました!

その結果・・・

電話連絡なし、つまり電話以外の方法での在籍確認が可能である事が分かりました♪

↓電話連絡なしの在籍確認で借りる↓

↑アコムに在籍確認の相談をする↑

カードローン・キャッシング=お金を借りるにはきちんと働いていて収入がある事を証明しなくてはいけません。

電話連絡を免除してもらうには、社員証や保険証などの書類が必要となります。

だけど、そもそも、アコムからの在籍確認は会社や職場でバレるのか?という一番の不安ですが、
実はアコムからの電話は個人名を名乗ってかかってくるので、同僚が電話に出てもアコムからだと一切バレないのです!

たとえ自分が勤務先に不在の場合であっても非通知でかけてくるので、電話番号がバレることもありません。

基本的にアコムだけでなくどの消費者金融やクレジットカード会社等の金融は全て、借り入れ審査の際に在籍確認は必須であるとされています。

ですが、実際には在籍確認がなかったという声も多く聞かれます。在籍確認がなかった方とある方は何が違うのか?と言えば、勤続年数が長いか短いかになります。

勤務年数が長い方で他社借り入れ件数や借金がない方が適用されるとみられています。(総量規制対象となる借り入れ金額が三分の一未満である事は絶対条件となります)

しかしこれは公式にはアナウンスされていませんので、あくまで口コミに過ぎません。

アコムで在籍確認の電話なしで借りる際に必要となる書類は?

会社員・公務員・派遣社員・契約社員など=社員証か、社会保険証もしくは組合保険証。

アルバイト・パート・個人事業主(フリーランス)=収入証明書、給与明細、源泉徴収などの収入が分かる書類。

アコムからの在籍確認の電話はタイミングや時間を選べるのか?

担当者に言えば、アコムの営業時間内であれば都合のいい時間やタイミングで電話してもらう事が可能です。

自分が必ず電話に出れるタイミングを狙うなど様々なやり方があるでしょう。

派遣社員の場合の在籍確認はどこに電話がくるのか?

アコムだけでなくどこの金融も共通ですが、基本的に派遣元に在籍確認をします。これはお給料を出してる会社が派遣元であるからです。

どうしても派遣先である職場に在籍確認をしてほしいという理由がある場合はアコム担当者に相談可能です。

在籍確認の電話がかかってきた際に会社に不在だったらどうなる?

電話がきた際に職場に不在であっても、同僚が電話に出て不在であることをアコムの担当者に伝えてもらうだけで在籍確認が取れた=OK!ということでそれで審査は完了します。

個人名でかけてくれますし、自分が電話にわざわざ出るよりもわざと不在を狙う方が実は簡単かもしれませんね。

バイトの在籍確認は本社?職場?どこにかかってくる?

アルバイトの場合は基本的に職場に電話をするケースがメインとなっています。例えばコンビニでバイトをしてる場合、ローソンやセブンイレブンなどの本社に電話をしてもバイトの氏名まで分からないですよね。ですので基本的にはバイト先に電話をします。

アコムのフリーローンの在籍確認はビジネスローンや目的ローンより難しいの?

フリーローンはその名の通り、使い道自由な借り入れになっています。ビジネスや目的ローンより少し金利も高めに設定されていますが、比較して審査基準が厳しいという事はありません。

むしろビジネスローンの方が必要書類も多く、少し面倒な印象です。

アコムは千円単位からコンビニでおろせる?

もちろん可能です。一万からしか借りれないと思ってる方も多いようですが、そんなことはありません。

1000円単位で借入する時はアコムATMやセブン銀行ATMからのみ可能となっています。

アコムの返済時に千円未満の端数はどうなるのか?

アコムATMには小銭投入口がありません。端数はどうやって返済するのか疑問な方も多いですよね。

1,000円未満の端数には利息は発生しないので、放置しておいても実質的に損は起こらないということになりますが、信用機関から完済扱いしてもらったり、アコムを解約する場合は端数の小銭まで完済する必要があります。

三菱UFJ銀行のATMであれば端数の小銭を返済することが可能です。  プロミスなら在籍確認の電話なしでも借りれる方法はこちら

申込む前に利用できるアコムのサービス!

アコムに申込むのをためらっているという方は是非利用してほしいサービスがあります。

それが「3秒診断」です。

申込みとなると審査に落ちてしまうかもしれないという不安があります。ですが、審査の内容については教えてもらうことはできません。

何を審査基準にして、どう判断されるのかは知る由もないのです。

ですが、審査の中でもとても重要なヒントがわかるサービスがあります。それが「3秒診断」というものです。

この「3秒診断」は申込みをした後の審査とは異なります。特徴としては、答える必要のある項目が3つしかないこと。その3項目はどれも個人を特定されない質問だということ。

ですので、アコム側に自分の情報が伝わることはなく、申込みの前に何度でも診断を受けられるのです。

そして、その3項目の質問が重要なんです。

【年齢】【年収】【カードローン他社お借入状況】になります。

まず【年齢】ですが、消費者金融の利用できる年齢がわかります。消費者金融には年齢制限があります。未成年の場合ではカードローンでお金を借りることはできません。

そして【年収】の項目ですが、まず誤解が多いのは、年収が少ないとお金を借りることができないのでは?と思われている方がいらっしゃいます。年収が少なくても利用することはできます。年収があるということ。それは働いていて収入があるということです。それが重要なんです。

そして最後の【カードローン他社お借入状況】になりますが、すでに他の金融業者からお金を借りている方はここに記入しなければなりません。嘘をつく必要はありません。なぜならここにすでに借りている数字を記入しても借りられる可能性はあるからです。

総量規制という法律により、消費者金融などでは年収の3分の1までしかお金を借りることができなくなっています。ですので、ここでは【年収】と【カードローン他社お借入状況】で判断されることが重要になります。

例えば年収が450万円の方の場合では、総量規制によりお借り入れができる総額は「150万円」までということになります。もしすでに他社での借り入れが150万円近くあれば新規での借り入れは厳しいでしょう。ですが、50万円ほどの借り入れが他の金融業者にあるのであれば、まだ利用できる枠は100万円あるということですから、本審査にチャレンジしても大丈夫でしょう。

では、なぜ嘘が良くないのかというと、本審査では信用情報機関での情報共有を行うので、そこで他の金融業者からいくら借りているかはすぐにわかってしまいます。嘘をついてもすぐにバレるということです。

返済シミュレーションもオススメ

こちらもアコムに申し込みをする前に利用できるサービスです。

消費者金融でカードローンを利用する事についてイメージがわかないという方。

やはり金利に関してが特にわかり辛いという声が多いようです。

いくら借りて、どれくらいの期間で返済する場合、どれくらいの利息が付くのか。

また、月々の返済額に対して、利息は何割を占めるのか、というのも気になるところです。

それがイメージできると、もっとずっと安心してお申し込みができるのではないでしょうか?

【借入ご希望金額】 【借入利率(実質年率)】 【ご返済回数(毎月1回払い)】の3項目を入力すれば計算してくれます。

毎月いくらの返済が必要になるかを計算してくれますが、場合によってはやり直しとなります。

その理由は返済回数の上限が借入れ利率によって決まっているからです。そして借入れ利率は契約限度額によって決まっています。

アコムの場合ですと金利は「3.00%から18.00%(実質年率)」となっていますが、初めての利用者がはじめから3.0%という自動車の大型ローン並みに設定してもらえることはほとんどありません。

初めての方は18.00%になるのがほとんどですので、借入利率(実質年率)の項目には18.00%で考えるのが無難でしょう。


お金を借りるという状況は、多くの場合において緊急性があります。出来る事なら借金をしないで次の給料日を迎えたかったという方がほとんどだと思います。

そういう緊急でお金を借りたいという方は、返済のことはあまり考えていません。しかし、お金を貸す側の消費者金融としては、まず返済ありきで契約を進めるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ