カードローンとリボ払いの違いって何?

大きな買い物をする場合、カードローンにするかクレジットカードのリボ払いで買うか悩みどころです。

カードローンとリボ払いの違いは何でしょうか。

多方面からカードローンとリボ払いの違いを検証していきます。

・法律的にはカードローンは貸金業法、リボ払いは割賦販売法

法律の定義では、カードローンは貸金業法(銀行カードローンなら銀行法)、リボ払いは割賦販売法に該当します。

お金を借りるカードローンとショッピング枠を使う割賦販売法は法律的に区別されます。

カードローンでは現金を手にできますが、リボ払いでは商品を分割払いするだけです。

・今後も借り入れるならカードローンよりリボ払い

カードローンを契約していると、審査において借入先件数としてカウントされます。

次のカードローン審査を受けるときに、マイナス査定されてしまう事も。

一方でリボ払いはカードローン審査において、マイナス査定の幅は小さいです。

今後も他の借入が発生するなら、カードローンよりリボ払いを選択した方がいいでしょう。

・銀行カードローンなら金利が安くなることも

クレジットカードのリボ払い手数料は15%位です。

銀行カードローンの中には15%以下の金利設定でサービスを提供しているところがあります。

手数料、金利が安い所に申し込んだ方が当然お得になります。

カードローン、リボ払いはケースバイケースで使い分けるといいでしょう。

お金を借りたい時はカードローン、商品が欲しい時はリボ払いがオススメです。

どちらも適切な利用を心がけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ