仮審査について行程を紹介!その内容や申込み時の注意点も

キャッシング・カードローンに申し込みした後、まず行われるのが仮審査です。

仮審査後は本審査へと進みますが、仮審査に落ちてしまうと、その時点で終了となります。

今回は仮審査の内容や、注意点について解説していくため、仮審査が気になる方は注目してみて下さい。

○ 仮審査の行程と審査内容は?

多くのキャッシング・カードローンで仮審査時に、申込者をスコアリング化しています。

年齢や職業、雇用形態、勤続年数、居住形態、家族構成など、申込者の属性それぞれに点数を付けていくスコアリング審査です。

スコアリングが高い方ほど、信用力と返済能力が高くなるため、仮審査に合格しやすくなります。

仮審査では申込者の信用情報も調べています。

個人信用情報機関に登録されているのが、信用情報です。

キャッシング・カードローン会社は加盟している個人信用情報機関に照会をかけ、申込者の信用情報を見せて貰っています。

過去のキャッシング・カードローンの申し込み情報、利用状況などが登録されているのが信用情報です。

優良な信用情報であれば問題ありませんが、長期滞納や債務整理など金融事故の登録があると、仮審査で落ちることが多くなっています。

○ 申し込みの際の注意点は?

仮審査に不安がある方が、複数社のキャッシング・カードローンへ同時申し込みするケースが見られます。

1社の仮審査に落ちても、次の1社の仮審査に合格すれば良いと考えるのです。

しかし、複数社への同時申し込みは仮審査が不利になるために注意して下さい。

キャッシング・カードローン会社によって異なるものの、1か月に3社以上の申し込みで仮審査が厳しくなります。

申し込みする際、ウソの申告をしてはいけません。

勤務している会社や雇用形態、勤続年数など、他の情報である程度の年収が推測できるため、ウソの年収を申告しても、すぐに分かってしまいます。

ウソの申告を行うと、虚偽申し込みとなり、信用が大きく落ちてしまうために止めて下さい。

○ まとめ

仮審査さえ合格すれば、その後の本審査も合格となる場合が多いです。

ただし、同時申し込みやウソの申告はしないで下さい。

金融事故の登録がある方は、削除されるまで待ってから申し込みしたほうが良いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ